「スポンサーリンク」



 

 

 

田舎 土地探し

田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くの九十九里浜 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くのヒマワリ畑 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件にさ咲く花 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くに咲く山ユリ 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件に咲く花 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件に咲く花

土曜日

田舎に土地があれば田舎暮らしも仕事も出来る

田舎に土地があれば田舎暮らしが出来るし仕事も出来る

田舎に土地があれば、地鶏が飼えるので、卵の販売を仕事に出来る。
田舎に土地があれば、畑を耕して産地直販の野菜販売の仕事が出来る。
田舎の土地は貴重だ。
田舎の土地は命の源だ。
ここまでは、 Myブログ 田舎 土地より
田舎に土地さえあれば、住まいの家は無くとも、田舎暮らしも仕事も出来る。
都会で中古住宅や中古マンションは購入出来ないが、田舎の土地なら購入出来る人は多い。
なのに、都会で中古住宅や中古マンションの購入は諦めて、田舎に土地でもと考えている人はまだ少ない。
その理由は、田舎に土地さえあれば、田舎暮らしが可能な事を知らない人が多いからだ。
田舎に土地さえあれば、テントを張ったり、小屋を建てたり、クルマも住まいの一部として充分暮らせる事を知らないからだ。
都会で人ごみに塗れてカッコばかり気にしながら一生を終わるか、田舎でのびのびとゆとりに溢れた一生を過ごすか、そろそろ選択の時期がせまって来ている人々も多いと思う。

水曜日

田舎に土地が有ればプチ田舎暮らしが出来る

田舎の土地でプチ田舎暮らしなどいかがですか。
ちゃんとした仕事も探さないで、田舎の土地で家庭菜園をやりながらプチ田舎暮らしに明け暮れています。
何故、プチ田舎暮らしかと言えば、ちゃんとした仕事も無ければ、ちゃんとした家も無いのに、田舎の土地で週に2~3泊しているからだ。
自分なりに言えば、今の仕事は家庭菜園。
竹やぶを開梱しながらする仕事の家庭菜園は、実に多くの収穫をもたらしてくれた。
野菜の収穫もそうだが、一年間で13キロ痩せた事も大きな収穫だった。
田舎の土地(竹やぶ)をツルハシとノコギリで開梱する事は、こんなにも健康増進になる事など、誰も知らないだろう。
重機や耕運機を使っていたのではこうは行かない。
田舎の土地で家族が食べる位の野菜を作るのであれば、重機や耕運機は無用な事が分かった事も、一つの収穫だった。

田舎土地

木曜日

田舎の土地でテント暮らしをしながら家庭菜園

田舎の土地でテント暮らしをしながら家庭菜園は非常に現実的。
年金暮らしと訊けば格好良いが、とても人様に自慢できるほどの年金は貰っていない。
たまたま昔、良く調査しないで格安で購入した60坪位の田舎の竹やぶで、一人でテント暮らしをする事になった。
早い話が、今まで賃貸で借りていた田舎の古民家の家賃が支払えなくなったからだ。
この格安物件だった土地は、自分の土地だから地代が無い。
この物件は、斜面も加えればゆうに100坪はある土地で、真竹と篠竹の生い茂った竹やぶである。
しかし、この土地で家庭菜園をやりながらテント暮らしをすれば、格安で田舎の一人暮らしをエンジョイ出来る。
古民家に住めなくなった惨めさなど微塵も感じさせない希望が湧いて来た。
竹やぶは、ノコギリとツルハシが有れば開梱出来る事は昔経験している。
作物は、降り積もっている竹の笹を熊手で集めて、堆肥や腐葉土で利用し、枯れた竹を燃料代わりに燃やした灰も肥料に利用出来るので心配無い。
炭窯を竹林内に作れば、竹炭と竹酢液も作れるので、家庭菜園位なら充分出来る。

田舎土地

田舎の土地で家庭菜園

田舎の土地で家庭菜園をするメリットはたくさんある。
田舎の土地で家庭菜園をすれば、スーパーで野菜を買う手間が省ける。
田舎の土地で家庭菜園をすれば、食糧費が下がる。
田舎の土地で家庭菜園をすれば、良いレクレーションになる。
田舎の土地で家庭菜園をすることは、何よりも楽しい。


田舎土地

水曜日

田舎暮らしの主役は土地

田舎の土地で暮らす事を田舎暮らしと言う。

田舎に土地を所有していなければ、田舎の車上生活でも田舎暮らしは出来るが、道の駅などでの車上生活の田舎暮らしよりも土地の上に家でも建てて、田舎暮らしをした方が田舎暮らしらしい。
土地はなんとかしたが、家を建てるお金が無い場合には、テントやキャンピングカーやトレーラーハウスで田舎暮らしが出来る。
キャンピングカーやトレーラーハウスを購入するお金が無ければ、自家用車ですれば良い。
そうなれば、最初にけなした車上生活での田舎暮らしであるが、土地は少なくとも自分専用であるので、家庭菜園や風力発電も出来、より田舎暮らしらしくなる。

田舎土地

土地の購入なら田舎の山林とか里山

田舎の土地で山林とか里山を購入するなら、竹やぶ(孟宗竹林)付きが良い。
春の竹の子もそうだけど、炭焼き窯で竹炭を焼きながら竹酢液を作ったり、薪ストーブの燃料にも利用出来る。
竹やぶ(孟宗竹林)は、目隠しにもなるので、ドラム缶風呂の露天風呂で青空を眺めたり、星空を眺めながら「灰田勝彦の燦めく星座♫」を歌ったり、楽しみがいっぱいだ。
田舎の土地で山林とか里山を購入するなら、竹やぶ(孟宗竹林)付きが良い。

田舎土地

金曜日

田舎の土地で風力発電

田舎の土地で風力発電をやろうとしている人はまだ少ない。
田舎の土地で太陽光発電をやろうとしている人は、孫さん他多数いる。
風力発電は、太陽光発電に比べれば、カッコ悪い。
風車がいかにも昔風だからだ。
だから、新しいデザインの風車がどんどん開発されている。
風力は、一日中、雨でも曇でも、風さえ吹いていれば回ってくれる。
回転音の問題も、クリアーされつつある。
田舎の土地には、断然風力発電が似合う。

 

田舎土地

木曜日

田舎の土地を購入する

田舎の土地と聞くと、田んぼとか畑などの農地を連想する人が多い。
田舎の土地と聞いて、山林とか里山を連想する人はまだまだ少ない。
メインの住まいを山林とか里山にしたいと思っている人は、ほとんど居ない。
別荘として山林とか里山を検討している人なら、ごく稀に居る。
田舎の土地、しかも山林とか里山を購入するのには訳が有る。
この混沌とした世の中を生きていく為に、山林とか里山の価値を真剣に考えたい。

田舎土地