田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くの九十九里浜 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くのヒマワリ畑 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件にさ咲く花 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件近くに咲く山ユリ 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件に咲く花 田舎暮らし土地や古民家賃貸物件に咲く花

「スポンサーリンク」



 

 

 

田舎 土地探し

木曜日

田舎の土地探しを真剣に

田舎の土地探しは命を守る重要な仕事

まだ死にそうも無いのに、自分仕舞い・自分仕舞いと騒ぎ立てる暇があるのであれば、住まいが東京であれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。

断捨離・断捨離と騒ぎ立てながら、亭主まで断捨離してしまう余裕が有るのであれば、住まいが東京であれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。

孫にジージ・バーバと呼ばれて有頂天になり、いつの間にか孫にジジイ・ババアと呼ばれてしまう様な、偏った教育が出来る寛容さがあるのであれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。

そして、自分仕舞い・自分仕舞いと呪文を唱えながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

また、断捨離・断捨離と呪文を唱えながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

そして、ジジイ・ババアと呟きながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

お金を特殊詐欺に狙われる程持っていても、食糧が手に入らない様な事態に備え、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。



「スポンサーリンク」




月曜日

田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想

田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想とはとても単純です。
田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想とは次の様な考え方です。
◎我が子や教え子を原発推進派に育てるには、この世で一番大切な物はお金だと教えれば良い。
◎原発反対派に育てるには、この世で一番大切な物は命だと教えれば良い。
田舎暮らし古民家の購入や賃貸はいつでも出来る 田舎暮らし格安賃貸物件周辺で呟かれている原発関連思想から引用

菜の花

水曜日

田舎の土地は人生の必需品(田舎物件土地 ブログより)

なぜ田舎の土地は人生の必需品なのか

田舎の土地の良いところは、食糧危機がいきなり来襲しても、田舎の土地で家庭菜園でもやっていれば、餓死に至る事は避けられる事だ。

田舎物件土地より


田舎暮らし物件・古民家物件・山林購入関連サイト一覧

東金市の不動産個人売買Web広告 リゾネット

古民家物件と古民家賃貸/田舎暮らし古民家など不動産個人売買

田舎暮らし物件で田舎一人暮らし

田舎暮らし格安物件か古民家物件など不動産物件の賃貸物件探し

田舎暮らし物件・田舎暮らし格安物件・田舎物件情報・古民家物件情報

田舎暮らし物件や田舎暮らし格安物件の情報分析

南房総の房総 不動産 古民家 田舎暮らし 格安物件 賃貸 千葉 千葉県

田舎暮らしと田舎の土地古民家不動産購入

田舎物件田舎物件というけれど

田舎暮らし物件と古民家物件

町おこし県町おこし郡町おこし村の町おこし村役場

田舎暮らし物件の個人売買∥古民家物件の移設∥山林を耕す

山林売買の行方

古民家物件‖田舎物件‖田舎暮らし物件

勝浦市不動産/千葉県勝浦市松野 国道沿い<売り土地>

南房総市和田町山林里山不動産物件

千葉県君津市末吉 山林売買 不動産 里山

東金市 不動産

千葉県君津市の不動産 山林 里山 売買 土地

千葉県勝浦市不動産 土地 売買 田舎暮らし格安物件 国道沿い

千葉県 南房総市 山林 里山 売買 購入 不動産物件

山林 売買∥山林 購入∥日本の水資源

季美の森 中古住宅

あすみが丘の中古住宅・中古マンション等中古物件

東金レイクサイドヒル 中古住宅で田舎暮らし

山林購入(売買)の行方

土曜日

田舎の土地の必要性を真剣に考える

田舎の土地は何故必要か?

田舎の土地の必要性を軽視している人は多い。 購入したばかりの田舎の土地で草刈をしていたら、地元の市議会議員が通りかかり、「何で、こんな土地、買ったの?。この土地はゴミ捨て場だったんだよ。」と、いきなり言ってきた。
せめて「この土地、買ってくれて有難う。これでこの辺も良くなる。」と、言うべきではないか。
地元の議員がこの程度の事しか言えないのだから、田舎の土地の必要性など語れる訳が無い。
日本の現状を良く表している。』
以上は、この「田舎 土地」のブログを始めた頃の投稿の一部。
まだ、東日本大震災は起きていなかった。
第二次世界大戦の前後の田舎の土地へ疎開だの食料の買出しだのの話は誰もが聞いているはずなのだが、平和ボケ日本では、東日本大震災のような大災害が起きたにも拘わらず、なんら田舎の土地に関心を示す人々が増えない状況だ。
「食糧危機はいきなりやって来る」のブログにも投稿しているが、マスコミなどはもう少し田舎の土地に関心を示せる内容のニュースを報道してもらいたい。
第二次世界大戦の前後の田舎の土地への食料の買出しは、お金さえあれば何とか食糧が手に入ったが、これから起きるかもしれない食糧危機は、おそらくお金があっても食料は手に入らないのでは無いかと懸念している。
それはいちいち解説しなくてもお分かりだと思うが、今のじいちゃん、ばあちゃん農業では、とても日本人全員の食糧は賄えきれないという事なのです。
たしか、ロシアでは家庭菜園を都市近郊に持っている人が非常に多く、土日や休日には泊りがけでレジャーを兼ねて家庭菜園へ通っているという話を昔聞いた事がありますが、日本人も早く田舎の土地に目覚めてもらいたいものです。
日本人の中にも、ロシア人の様に一部の人々は東京近郊の田舎に土地を購入したり賃貸で借りて、家庭菜園を耕している人はおられるようですが、まだまだ数パーセントの状態で、ニュースにもならない状況です。
政府は産業の面から、企業に農業をやらせようと躍起ですが、それ以前に国民一人ひとりに、田舎の土地に関心を持たせる政策が待ったなしの課題ではないかと切に思います。

水曜日

田舎の土地だけでも購入か賃貸してテント暮らしでもやってみたい

田舎の土地の古民家賃貸で仕事をしながら田舎暮らし

田舎の土地に在る古民家を購入か賃貸して、家庭菜園をやりながら、仕事として地鶏を飼い、毎朝新鮮な卵料理の田舎暮らしもいいですね。
古民家までは購入や賃貸が出来ない場合は、とりあえず田舎の土地だけでも購入か賃貸してテント暮らしでもやってみたい。田舎に土地が有れば、あんな事も、こんな仕事もいっぱい出来る。田舎に土地があれば小規模なエコ発電をやりたい。田舎に土地があればテント暮らしをやりながらキャンプ場の経営を仕事にしたい。田舎に土地があれば乳牛を飼って、チーズやバターを作りたい。田舎に土地があれば仕事として果樹園をやってみたい。田舎に土地があればプラネタリウムの仕事をしたい。田舎に土地があればダチョウ牧場も仕事にしたい。田舎に土地を購入か賃貸して夢の田舎暮らしをしてみたい。