🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶


木曜日

田舎の土地探しを真剣に

田舎の土地探しは命を守る重要な仕事


まだ死にそうも無いのに、自分仕舞い・自分仕舞いと騒ぎ立てる暇があるのであれば、住まいが東京であれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。

断捨離・断捨離と騒ぎ立てながら、亭主まで断捨離してしまう余裕が有るのであれば、住まいが東京であれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。




孫にジージ・バーバと呼ばれて有頂天になり、いつの間にか孫にジジイ・ババアと呼ばれてしまう様な、偏った教育が出来る寛容さがあるのであれば、近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島、それか千葉県南房総あたりの田舎へ行って土地探しをやろう。

そして、自分仕舞い・自分仕舞いと呪文を唱えながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

また、断捨離・断捨離と呪文を唱えながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

そして、ジジイ・ババアと呟きながら、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。

お金を特殊詐欺に狙われる程持っていても、食糧が手に入らない様な事態に備え、田舎暮らしで無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めよう。






月曜日

田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想

田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想とはとても単純です。




田舎の土地周辺で呟かれている原発関連思想とは次の様な考え方です。

◎我が子や教え子を原発推進派に育てるには、この世で一番大切な物はお金だと教えれば良い。

◎原発反対派に育てるには、この世で一番大切な物は命だと教えれば良い。

田舎暮らし古民家の購入や賃貸はいつでも出来る 田舎暮らし格安賃貸物件周辺で呟かれている原発関連思想から引用

菜の花

水曜日

田舎の土地は人生の必需品(田舎物件土地 ブログより)

なぜ田舎の土地は人生の必需品なのか

田舎の土地の良いところは、食糧危機がいきなり来襲しても、田舎の土地で家庭菜園でもやっていれば、餓死に至る事は避けられる事だ。

田舎物件土地より






田舎暮らし物件・古民家物件・山林購入関連サイト一覧

東金市の不動産個人売買Web広告 リゾネット

古民家物件と古民家賃貸/田舎暮らし古民家など不動産個人売買

田舎暮らし物件で田舎一人暮らし

田舎暮らし格安物件か古民家物件など不動産物件の賃貸物件探し

田舎暮らし物件・田舎暮らし格安物件・田舎物件情報・古民家物件情報

田舎暮らし物件や田舎暮らし格安物件の情報分析

南房総の房総 不動産 古民家 田舎暮らし 格安物件 賃貸 千葉 千葉県

田舎暮らしと田舎の土地古民家不動産購入

田舎物件田舎物件というけれど

田舎暮らし物件と古民家物件

町おこし県町おこし郡町おこし村の町おこし村役場

田舎暮らし物件の個人売買∥古民家物件の移設∥山林を耕す

山林売買の行方

古民家物件‖田舎物件‖田舎暮らし物件

勝浦市不動産/千葉県勝浦市松野 国道沿い<売り土地>

南房総市和田町山林里山不動産物件

千葉県君津市末吉 山林売買 不動産 里山

東金市 不動産

千葉県君津市の不動産 山林 里山 売買 土地

千葉県勝浦市不動産 土地 売買 田舎暮らし格安物件 国道沿い

千葉県 南房総市 山林 里山 売買 購入 不動産物件

山林 売買∥山林 購入∥日本の水資源

季美の森 中古住宅

あすみが丘の中古住宅・中古マンション等中古物件

東金レイクサイドヒル 中古住宅で田舎暮らし

山林購入(売買)の行方

土曜日

田舎の土地の必要性を真剣に考える

田舎の土地は何故必要か?


田舎の土地の必要性を軽視している人は多い。

購入したばかりの田舎の土地で草刈をしていたら、地元の市議会議員が通りかかり、「何で、こんな土地、買ったの?。この土地はゴミ捨て場だったんだよ。」と、いきなり言ってきた。

せめて「この土地、買ってくれて有難う。これでこの辺も良くなる。」と、言うべきではないか。

地元の議員がこの程度の事しか言えないのだから、田舎の土地の必要性など語れる訳が無い。

日本の現状を良く表している。』

以上は、この「田舎 土地」のブログを始めた頃の投稿の一部。

まだ、東日本大震災は起きていなかった。




第二次世界大戦の前後の田舎の土地へ疎開だの食料の買出しだのの話は誰もが聞いているはずなのだが、平和ボケ日本では、東日本大震災のような大災害が起きたにも拘わらず、なんら田舎の土地に関心を示す人々が増えない状況だ。

「食糧危機はいきなりやって来る」のブログにも投稿しているが、マスコミなどはもう少し田舎の土地に関心を示せる内容のニュースを報道してもらいたい。

第二次世界大戦の前後の田舎の土地への食料の買出しは、お金さえあれば何とか食糧が手に入ったが、これから起きるかもしれない食糧危機は、おそらくお金があっても食料は手に入らないのでは無いかと懸念している。

それはいちいち解説しなくてもお分かりだと思うが、今のじいちゃん、ばあちゃん農業では、とても日本人全員の食糧は賄えきれないという事なのです。

たしか、ロシアでは家庭菜園を都市近郊に持っている人が非常に多く、土日や休日には泊りがけでレジャーを兼ねて家庭菜園へ通っているという話を昔聞いた事がありますが、日本人も早く田舎の土地に目覚めてもらいたいものです。

日本人の中にも、ロシア人の様に一部の人々は東京近郊の田舎に土地を購入したり賃貸で借りて、家庭菜園を耕している人はおられるようですが、まだまだ数パーセントの状態で、ニュースにもならない状況です。

政府は産業の面から、企業に農業をやらせようと躍起ですが、それ以前に国民一人ひとりに、田舎の土地に関心を持たせる政策が待ったなしの課題ではないかと切に思います。

水曜日

田舎の土地だけでも購入か賃貸してテント暮らしでもやってみたい

田舎の土地の古民家賃貸で仕事をしながら田舎暮らし



田舎の土地に在る古民家を購入か賃貸して、家庭菜園をやりながら、仕事として地鶏を飼い、毎朝新鮮な卵料理の田舎暮らしもいいですね。
古民家までは購入や賃貸が出来ない場合は、とりあえず田舎の土地だけでも購入か賃貸してテント暮らしでもやってみたい。田舎に土地が有れば、あんな事も、こんな仕事もいっぱい出来る。田舎に土地があれば小規模なエコ発電をやりたい。田舎に土地があればテント暮らしをやりながらキャンプ場の経営を仕事にしたい。田舎に土地があれば乳牛を飼って、チーズやバターを作りたい。田舎に土地があれば仕事として果樹園をやってみたい。田舎に土地があればプラネタリウムの仕事をしたい。田舎に土地があればダチョウ牧場も仕事にしたい。田舎に土地を購入か賃貸して夢の田舎暮らしをしてみたい。

火曜日

田舎の土地ネットコラム

田舎の土地に注目



いつの時代も、田舎の土地は注目されている。田舎の土地・リゾートマンション・別荘一戸建て・建売・分譲の新築・中古等 、田舎不動産にはいろいろあります。

田舎の土地そのものの情報はWebに溢れていますが、田舎の土地に関するコメントは、なかなか良いものが見当たりません。

このブログでは、実際に田舎の土地を購入しようとする時に、役立つ事柄の記事を投稿したいと思います。

本気で田舎の土地の購入をお考えの皆様の、一助になれば幸いです。

また、田舎の土地を歩いていると、春の七草のコオニタビラコなどにも出会います。

田舎の土地は楽しいよ。

土曜日

田舎に土地があれば田舎暮らしも仕事も出来る

田舎に土地があれば田舎暮らしが出来るし仕事も出来る



田舎に土地があれば、地鶏が飼えるので、卵の販売を仕事に出来る。
田舎に土地があれば、畑を耕して産地直販の野菜販売の仕事が出来る。
田舎の土地は貴重だ。
田舎の土地は命の源だ。
ここまでは、 Myブログ 田舎 土地より
田舎に土地さえあれば、住まいの家は無くとも、田舎暮らしも仕事も出来る。
都会で中古住宅や中古マンションは購入出来ないが、田舎の土地なら購入出来る人は多い。
なのに、都会で中古住宅や中古マンションの購入は諦めて、田舎に土地でもと考えている人はまだ少ない。
その理由は、田舎に土地さえあれば、田舎暮らしが可能な事を知らない人が多いからだ。
田舎に土地さえあれば、テントを張ったり、小屋を建てたり、クルマも住まいの一部として充分暮らせる事を知らないからだ。
都会で人ごみに塗れてカッコばかり気にしながら一生を終わるか、田舎でのびのびとゆとりに溢れた一生を過ごすか、そろそろ選択の時期がせまって来ている人々も多いと思う。

水曜日

田舎に土地が有ればプチ田舎暮らしが出来る

田舎の土地でプチ田舎暮らしなどいかがですか。



ちゃんとした仕事も探さないで、田舎の土地で家庭菜園をやりながらプチ田舎暮らしに明け暮れています。
何故、プチ田舎暮らしかと言えば、ちゃんとした仕事も無ければ、ちゃんとした家も無いのに、田舎の土地で週に2~3泊しているからだ。
自分なりに言えば、今の仕事は家庭菜園。
竹やぶを開梱しながらする仕事の家庭菜園は、実に多くの収穫をもたらしてくれた。
野菜の収穫もそうだが、一年間で13キロ痩せた事も大きな収穫だった。
田舎の土地(竹やぶ)をツルハシとノコギリで開梱する事は、こんなにも健康増進になる事など、誰も知らないだろう。
重機や耕運機を使っていたのではこうは行かない。
田舎の土地で家族が食べる位の野菜を作るのであれば、重機や耕運機は無用な事が分かった事も、一つの収穫だった。

田舎土地

木曜日

田舎の土地でテント暮らしをしながら家庭菜園

田舎の土地でテント暮らしをしながら家庭菜園は非常に現実的。
年金暮らしと訊けば格好良いが、とても人様に自慢できるほどの年金は貰っていない。



たまたま昔、良く調査しないで格安で購入した60坪位の田舎の竹やぶで、一人でテント暮らしをする事になった。
早い話が、今まで賃貸で借りていた田舎の古民家の家賃が支払えなくなったからだ。
この格安物件だった土地は、自分の土地だから地代が無い。
この物件は、斜面も加えればゆうに100坪はある土地で、真竹と篠竹の生い茂った竹やぶである。
しかし、この土地で家庭菜園をやりながらテント暮らしをすれば、格安で田舎の一人暮らしをエンジョイ出来る。
古民家に住めなくなった惨めさなど微塵も感じさせない希望が湧いて来た。
竹やぶは、ノコギリとツルハシが有れば開梱出来る事は昔経験している。
作物は、降り積もっている竹の笹を熊手で集めて、堆肥や腐葉土で利用し、枯れた竹を燃料代わりに燃やした灰も肥料に利用出来るので心配無い。
炭窯を竹林内に作れば、竹炭と竹酢液も作れるので、家庭菜園位なら充分出来る。

田舎土地

田舎の土地で家庭菜園

田舎の土地で家庭菜園をするメリットはたくさんある。
田舎の土地で家庭菜園をすれば、スーパーで野菜を買う手間が省ける。
田舎の土地で家庭菜園をすれば、食糧費が下がる。



田舎の土地で家庭菜園をすれば、良いレクレーションになる。
田舎の土地で家庭菜園をすることは、何よりも楽しい。


田舎土地

水曜日

田舎暮らしの主役は土地

田舎の土地で暮らす事を田舎暮らしと言う。

田舎に土地を所有していなければ、田舎の車上生活でも田舎暮らしは出来るが、道の駅などでの車上生活の田舎暮らしよりも土地の上に家でも建てて、田舎暮らしをした方が田舎暮らしらしい。



土地はなんとかしたが、家を建てるお金が無い場合には、テントやキャンピングカーやトレーラーハウスで田舎暮らしが出来る。
キャンピングカーやトレーラーハウスを購入するお金が無ければ、自家用車ですれば良い。
そうなれば、最初にけなした車上生活での田舎暮らしであるが、土地は少なくとも自分専用であるので、家庭菜園や風力発電も出来、より田舎暮らしらしくなる。

田舎土地

土地の購入なら田舎の山林とか里山

田舎の土地で山林とか里山を購入するなら、竹やぶ(孟宗竹林)付きが良い。
春の竹の子もそうだけど、炭焼き窯で竹炭を焼きながら竹酢液を作ったり、薪ストーブの燃料にも利用出来る。



竹やぶ(孟宗竹林)は、目隠しにもなるので、ドラム缶風呂の露天風呂で青空を眺めたり、星空を眺めながら「灰田勝彦の燦めく星座♫」を歌ったり、楽しみがいっぱいだ。
田舎の土地で山林とか里山を購入するなら、竹やぶ(孟宗竹林)付きが良い。

田舎土地

金曜日

田舎の土地で風力発電

田舎の土地で風力発電をやろうとしている人はまだ少ない。
田舎の土地で太陽光発電をやろうとしている人は、孫さん他多数いる。



風力発電は、太陽光発電に比べれば、カッコ悪い。
風車がいかにも昔風だからだ。
だから、新しいデザインの風車がどんどん開発されている。
風力は、一日中、雨でも曇でも、風さえ吹いていれば回ってくれる。
回転音の問題も、クリアーされつつある。
田舎の土地には、断然風力発電が似合う。

 

田舎土地

木曜日

田舎の土地を購入する

田舎の土地と聞くと、田んぼとか畑などの農地を連想する人が多い。
田舎の土地と聞いて、山林とか里山を連想する人はまだまだ少ない。



メインの住まいを山林とか里山にしたいと思っている人は、ほとんど居ない。
別荘として山林とか里山を検討している人なら、ごく稀に居る。
田舎の土地、しかも山林とか里山を購入するのには訳が有る。
この混沌とした世の中を生きていく為に、山林とか里山の価値を真剣に考えたい。

田舎土地

田舎の土地の必要性

田舎の土地の必要性を軽視している人は多い。
購入したばかりの田舎の土地で草刈をしていたら、地元の市議会議員が通りかかり、「何で、こんな土地、買ったの?。この土地はゴミ捨て場だったんだよ。」と、いきなり言ってきた。



せめて「この土地、買ってくれて有難う。これでこの辺も良くなる。」と、言うべきではないか。
地元の議員がこの程度の事しか言えないのだから、田舎の土地の必要性など語れる訳が無い。
日本の現状を良く表している。

田舎土地

金曜日

田舎の土地は興味深々

田舎の土地に関心が有る人たちが多い。
ブログをやっていると、田舎の土地に人気が有る事が分かる。



田舎の土地でも、山林が一番人気の様だ。
山林なら、間違って保安林や国立公園などを購入しない限り、使い道は色々ある。
個人で広い土地を田舎に所有したいのなら、山林に限る。
ただ、せっかく手に入れた田舎の山林に、見栄を張って豪邸などを建てて、地目を宅地にせざるを得ない状況にすることは、感心出来る所業でない。

田舎土地

水曜日

田舎の土地(格安物件)でテント暮らし

田舎の土地でテント暮らしを始めた。
昔購入した格安物件の土地が千葉県の勝浦市に有ったので、その土地でテント生活を始めた。
購入した当時は、高い買物をしたと、悔やんでいたが、テント暮らしをしてみると、この勝浦市所在の土地は、そん所そこらに無い格安物件であることが判明した。



ではこの勝浦市所在の土地が格安物件であることを一つだけ説明しよう。
この土地の半分は竹林である。
この竹林が日々の光熱費を無料にしてくれている。
朝昼晩の食事の料理作りは、この竹林の枯れた竹や青竹をバーベキューコンロで燃やして燃料としている。
露天風呂の燃料もこの枯れた竹や青竹にする予定。
この格安物件でのテント暮らしは、毎日がキャンプのようなもので、アウトドア好きにはこたえられない楽しい生活だ。

田舎土地

金曜日

何故、田舎の土地で乳牛なのか

田舎の土地では断然乳牛の飼育


何故、田舎の土地で乳牛なのか?



スーパーの乳製品の棚には、チーズとかバターが売られている。
牛乳は、たまに消費期限近くに半額で売られているが、チーズとかバターが半額になることは、まずない。
田舎の土地では、断然乳牛である。
ただし、牧場で乳牛ばかり沢山飼って、乳しぼりばかりやるやり方はもう遅い。
最近の酪農経営は、乳牛はほんの数頭で、その数頭の乳牛のお乳から、自家製のバターやチーズ等の乳製品を作り販売するやり方が増えている。
これこそ、田舎の土地の最も有効的な使い方だと思う。

田舎土地

木曜日

田舎の土地で乳牛を飼いたい

何故、田舎の土地で乳牛なのかと言えば、食品スーパーの乳製品コーナーを見えていただければ直ぐ分かる。

このブログで何故、田舎の土地で乳牛なのかが分からない場合は、食品スーパーの乳製品コーナーを良~くご覧ください。



何故、田舎の土地で乳牛なのかの答えは、次回にします。

田舎土地

水曜日

田舎の土地で牧場経営

牧場経営は大げさなので、田舎の土地で乳牛を飼いたいとしておこう。



田舎の土地で、何故乳牛かと言えば、市場調査をすれば良くわかる。田舎の土地で、何故乳牛なのかが分かったら、まず田舎の土地を探そう。

分からない人は、スーパーへでも行って、何故、田舎の土地で乳牛なのかを考えてください。

田舎土地

土曜日

田舎に土地が有ったなら

田舎に土地所有の夢のひとり言


田舎土地が有ったなら、やりたい事がいっぱいある。



少しずつでも貯金して、田舎土地でも買いたいな。

田舎土地が有ったなら、あれして、これして、ああもする。

田舎土地が有ったなら、やりたい事がいっぱいある。

田舎土地

田舎土地 Best selection of a web site

田舎 土地


田舎 土地



田舎暮らし物件∥田舎暮らし不動産∥田舎物件情報


南房総の房総不動産田舎暮らし千葉県


田舎暮らし物件で田舎ぐらし


田舎暮らし 不動産
別荘で田舎暮らしとリゾートライフ
別荘で田舎暮らしとリゾートライフ 【2】
ほんとの田舎暮らしとは 本当の田舎ぐらし
田舎 土地
田舎 土地
田舎 暮らし 物件
田舎 暮らし 物件 とは
田舎ぐらしと人付き合い
田舎で楽しいエコライフ
田舎暮し物件と旅行情報
田舎暮らし
田舎暮らし(田舎ぐらし)物件
田舎暮らしと不動産(土地と一戸建て)
不動産購入格言集
私の近況
田舎暮らし物件サイトいろいろ

田舎 暮らし 物件
古民家 賃貸
古民家物件
田舎土地
田舎不動産
田舎物件
田舎暮らし
田舎暮らし格安物件
田舎暮らし古民家
田舎暮らし不動産

田舎土地